和泉中央駅から東南に歩いて約5分。アムゼモール2Fにある喫茶店です。

HP83g83b83v.jpg

menu_01.gifmenu_01.gifmenu_02.gifmenu_02.gifmenu_03.gifmenu_03.gifmenujusan.pngmenujusan.pngmenu_05.gifmenu_05.gifmenu_06.gifmenu_06.gif

和泉中央駅アムゼモール2階東に「オアシス」という喫茶店があります。
そこでは、障がいのある方が接客の仕事をしています。
また、店内には和泉市内の障がい者施設・作業所の手作り作品や授産品が並び、販売もしています。

「障がい者は不自由であるが、不幸ではない。障がい者を不幸にしているのは、社会である」かの有名なヘレンケラー女史の言葉です。
オアシスは誰もが普通に当たり前に、その人らしく暮らせる地域作りを目指しています。

「障がい者と健常者」「ボランティアをする人と受ける人」といった境目を取り除き、
もっと自由に、もっと日常的に交流しあえる場、そして交流を深めることにより一人ひとりの個性を認め合い、
互いに人間として尊重される豊かな社会づくりを目指します。

オアシスを訪れる人達のくつろぎの場、「障がい者の自立と社会参加」、障がい者が働くことによって、お客様として訪れる一般の人々が、その姿を自分の目で見たり会話を通じて、お互いの理解と交流を深めていきたいと思っています。

市内に17ヶ所の障がい者施設・作業所があります。
その所在地や活動内容を知ってもらうために作品を展示・販売しています。
又、各作業所で一生懸命作られた授産品や作品も展示販売します。

可能な範囲で障がい者の方々にスペースを貸し出し、又、スタッフから発信する企画も合わせて、文化的イベントを展開していきたいと思っています。